緊急のときは(電気の場合)Emergency

電気が消えた時の対応方法(停電)

まずご自宅の周囲の状況をご確認ください。

ご近所のお宅も停電している場合

九州電力の送配電網を通じてお客様宅に電気をお届けしております。停電情報については、同社の停電情報をご確認ください。

停電がご自宅だけの場合

ご自宅にあるブレーカー(分電盤)のご確認をお願いいたします。

ひと部屋だけ電気が消えた時

  1. 01.回路ブレーカーが下りていないかお確かめください。

    回路ブレーカーが下りていないかお確かめください。

  2. 02.回路ブレーカーが下りていた場合、電気が消えた部屋でコンセントからプラグを抜き、ご使用になる電気製品の数を減らしてください。

    回路ブレーカーが下りていた場合、電気が消えた部屋でコンセントからプラグを抜き、ご使用になる電気製品の数を減らしてください。

  3. 03.下りている回路ブレーカーを上げると電気はつきます。
    ※真ん中の位置で止まっている場合もあります。その場合は、一度ブレーカーを下ろしてから上げてください。

    りている回路ブレーカーを上げると電気はつきます。※真ん中の位置で止まっている場合もあります。その場合は、一度ブレーカーを下ろしてから上げてください。

電気の使いすぎが主な原因です。

配線の増設などについてお近くの電気工事店にご相談ください。

家中の電気が消えた時

  1. 01.メインブレーカーが真ん中の位置で止まっていた場合、黄色(または白色)のボタンを押してからブレーカーをすべて下ろしてください。 ※メインブレーカーが真ん中の位置で止まらず下りている場合もあります。

    インブレーカーが真ん中の位置で止まっていた場合、黄色(または白色)のボタンを押してからブレーカーをすべて下ろしてください。

  2. 02.メインブレーカーを上げ、回路ブレーカーをひとつずつ上げていきます。

    メインブレーカーを上げ、回路ブレーカーをひとつずつ上げていきます。

  3. 03.回路ブレーカーを上げた時、メインブレーカーが真ん中の位置に下りたら(家中の電気が切れたら)、その回路は不良です。 ※その回路につながっている電気製品の不良の可能性もあります。

    回路ブレーカーを上げた時、メインブレーカーが真ん中の位置に下りたら(家中の電気が切れたら)、その回路は不良です。

  4. 04.不良の回路はお使いになれません。
    その回路ブレーカーは下ろしたままの状態にしておきます。

    不良の回路はお使いになれません。その回路ブレーカーは下ろしたままの状態にしておきます。

  5. 05.不良でない回路は、02.の操作でお使いいただけます。

    不良でない回路は、02.の操作でお使いいただけます。

漏電が主な原因です。

※電気の使いすぎか、電気製品の不良が原因の場合もあります。

配線回路の点検が必要ですので、お近くの電気工事店にご相談ください。

メインブレーカーのスイッチが入っている状態なのに、家中すべての電気が消えた場合

メインブレーカーのスイッチが入っている状態で家中すべての電気が消えた場合は、お客様のお宅まで電気をお送りできていない可能性がございます。九州電力へご連絡ください。

災害時などの対応について

災害等によって電気が停電した際は、筑紫ガスではなく、九州電力へお問い合わせいただく必要がございます。
下記のコールセンターへお問い合わせください。

九州電力の送配電コールセンター
受付時間:24時間
0120-986-930(または931または936)
※電話番号の下一桁はエリアによって異なります。
ご不明な場合は、0120-986-930までお問い合わせください。

※送電線の管理・維持はこれまで通り九州電力が行うため